年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

男が気持ちよくなる方法
  「なかなかスケジュールが取れないんですよ」と助監督もボヤくほどの売れっ子男優、〈森林原人〉と〈鈴木一徹〉を、今回はまな板にのせてみよう。ふたりには申し訳ないが、これも有名税だと思って許していただきたい。

 森林原人は、どちらかといえばブサイクである。それにひきかえ、最近、面接軍団の一員になった鈴木一徹はイケメンだ。29歳という同い年ながら、彼らふたりはその容姿のみならず、さまざまな面で対照的である。

 それは、自然発生的に栄えた田舎の漁師町と、人工的だがオシャレなお台場くらいの違いがある。

 森林は本能的で、一徹は理知的。森林は思ったまま・感じたままを口にし、一徹はいったん頭を通して話しているように見える。たとえば、森林は「セックスがいっぱいできるのでAV男優になった」と、こともなげに言う。一徹がAV男優を選んだ理由はまだ聞いていないが、きっと違うことを言うだろう。

 森林には感性の豊かさを感じる。実際、彼のセックスは撮っていて心地よい。一方、一徹のセックスは撮っていて疲れてしまう。ふたりは、セックスのときに使っているエネルギーの流れがまるで違うのである。

 森林は実に多面的で、相手によってまったく異なる反応を見せたりもする。一徹は、相手が代わっても自分の型をあまり崩さない。

 一徹は「ザ・面接」シリーズのセックスで2度中折れし、「回春エロエステ」でも2度中断した。森林はエステティシャンの柏木みなにズボンを脱がされたとき、すでに勃起していた。

 ファインダーをのぞいていて感じるのだが、一徹は女性とトータルに向き合っていない。相手に余分な気をつかい、カメラ・アングルや監督の顔色を気にしている。これは「自分がどう見られているのだろう?」ということの裏返しである。

 体位を変えたほうがいいのかな? ここで射精しちゃってもいいのかな?

 そんなことを考えていたら、女を悦ばせるエネルギーなど、残っているはずがない。途中で射精を抑えたり、いいところを見せようなんて考えはやめて、感情を込め、相手の目を見つめ、セックスに没頭してくれたら、僕も撮っていて心地よくなれると思うのだが......。おーい、一徹、聞いてるかい?

 概念思考にとらわれてセックスしているかぎり、本当の悦びは得られないし、それどころか女は醒めてゆく。

 男優の大御所・日比野達郎は「性感Xテクニック」シリーズで、素人の女性にフェラチオされ、よがりまくって射精した。そのとき、その女性も一緒にイッてしまった。しかも彼女は失神したまま、しばらくの間、至福の世界から帰ってはこなかった。

 セックスのとき、男が本能にすべてを明け渡すと、こんなことが起こりうる。僕は、一徹のそんな瞬間をいつか撮ってみたいと思う。


 
mori-1.jpg
 ittetsu-1.jpg
森林原人                   鈴木一徹
2009年02月27日