年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

中国の暴動と日本のお父さんに見る進化と絶滅のボーダーライン
  同じ日に見た2つのテレビ番組。「NHKスペシャル」と「Mr.サンデー」。扱っているテーマはまったく異なるのに、続けて見たら問題の根っこは同じなんだと思えてきた……。

 見ていない方のために、それぞれの内容を簡単に紹介しておこう。

 まず、6月16日午後9時からの「NHKスペシャル」。タイトルは「中国激動 怒れる民をどう収めるか ~密着 紛争仲裁請負人~」。中国では1年に約20万件の暴動やデモが起きているという。20万件と言われても、なんだかピンと来ないが、平均すれば1日あたり約550件起きていることになる。それって、凄い数字だ。

 カメラは土地開発をめぐって住民と地元政府が対立しているひとつの村を映し出す。地元政府が土地開発を強行するのは、開発が莫大な利益を生むからだ。中国の場合、もともと土地の個人所有は認めておらず、使用権のみが与えられている。農業を生業(なりわい)とする住民たちの土地使用権を幾ばくかの補償金と引き換えに取り上げ、立ち退かせて、その広大な土地を大企業に売る。

 つまり、住民に貸していても上がりは知れてるわけで、それでは中央政府が課してくる税収の債務が果たせず、地元政府は生き残っていけない。大企業はその土地にたとえば工場を建てたり、ニュータウンやショッピングセンターを建設したりするわけだが、この村の場合、地元政府は日本円に換算して30億円を手にしている。

 しかし、土地を取られた住民たちは、とても食ってはいけない。与えられた補償金もすぐに底をつく。この村では土地開発業者と住民との間に乱闘が起き、多くのケガ人が出ている。そればかりか、立ち退きを拒んでいた住宅で不審な火災が発生して人が死んでいるし、国に苦情を訴えようとした者は地元政府の役人に連れ戻され投獄されたりしている。

 ただし、こういった対立は、この村に限ったことではない。なにせ日に550件の暴動だ。そこかしこで同じようなことが起きている。それは経済成長の陰で広がった社会のひずみでもある。

 カメラが入ったこの村では、住民たちの命がけの抵抗に遭い、土地開発は中断を余儀なくされている。手に負えなくなった地元政府の役人は、事態を収拾すべくというか、開発を再開すべく、民間の機関に仲裁を依頼する。それが番組タイトルにもある紛争仲裁請負人・周鴻陵(しゅうこうりょう)さんの会社である。

 この続きはあとで書くとして、いったん同16日午後10時から放送された「Mr.サンデー」(フジテレビ)にもふれておこう。今回この番組の中で僕が面白いなと思ったのは、日本の父と娘の関係の変化である。

 番組によれば、今「パパ大好き!」と言う娘が増えているらしい。といっても、幼稚園児や保育園児ではなく、年頃の娘たちの話だ。ついこの間まで、父親たちは「おんなじ空気を吸うのもイヤ!」とか言われてたんじゃないのか。それが今や娘たちは父親と腕を組んでデートをしたり、一緒に撮った写真をケータイにいっぱい入れていたり……。

 2人で食事に行って、娘から「あ~ん」とデザートを食べさせてもらっているお父さんの姿が映る。それを見つめる娘は、まるでわが子に向けるような眼差し。また、別の家では、長風呂でなかなか出てこないお父さんにしびれを切らした娘(24歳)が、なんと自分も風呂場に入っていく。もちろん裸で……。中ではダイエット話で盛り上がっている模様。あとで「恥ずかしくないのか?」と訊かれたお父さんは「小さい頃からずっと入れてましたから」と答える。ええっ、さすがに風呂はないだろ!と僕はツッコミを入れつつ、でも凄いなぁと思った。

 一方、対極にあるような父娘も紹介される。食事の風景。子どもは3人いるのだが、食事中は私語禁止。4年前にもこの家庭を取材しており、その画も流れるが、まったく変わっておらず、聞こえるのは食器の音と父親の声だけ。この威厳に満ちた昭和のオヤジが言う。「大人を敬う気持ちを親がきちんと教えないといけない」と。確かに僕らが子どもの頃、「子は親の言うことを聞くもの」とよく言われた。だから、彼の言い分もわからないではないけれど、見ているだけで僕は息が詰まりそうになった。

 中国の村に話を戻そう。地元政府で住民交渉を担当してきた役人のインタビューがある。彼によれば、これまでは説得しやすい住民から切り崩していったそうである。わずかな補償金を握らせて「この村全体が栄えるのに、なんでおまえは従わないのか!」と強引に迫る。そして説得が難しい住民には、わざと時間稼ぎをして諦めるのを待つのだそうだ。

 これまではずっとそれで押し通してきた。それに対して住民たちは泣き寝入りするしかなかった。ところが、今は違う。「政府はおまえらのことを一番に考えて、やっているんだから」なんて言っても、「なに寝言いってんだ!」になる。“知らしむべからず”だった民が、インターネットや住民同士の情報交換ですでに“知ってしまった”のだから、地元政府の嘘や建前はもはや通用しない。

 にもかかわらず、役人は「民は御上(おかみ)の言うことに黙って従うもの」という旧態依然とした考えをいまだに捨て切れないでいる。これって、似ていないだろうか? 「子は親の言うことを聞くもの」という考えを切り替えられない昭和のオヤジと。

 もちろんオヤジはオヤジなりに、子どもの行くすえを案じ、よかれと思って、父の威厳を保とうとしている。だから、住民のことなど所詮は考えてはいない役人と同列に論じるのは、ちょっと可哀想かもしれない。だが、「親の言うことを聞いときゃ間違いない」という論理を力ずくで押し通していけば、いつかどこかで手痛いしっぺ返しを食うはずである。年間20万件の暴動を抱える中国が、このまま行けば内部から崩壊しかねないのと、そこは同じなのだ。

 紛争仲裁請負人の周さんのところには、この村のみならず、中国各地の住民からも地方政府からも、仲裁の依頼がたくさん寄せられている。そして、なんと中央政府からも中央党校の教材にしたいと、「住民の集団抗議行動への対処」をテーマに執筆を依頼される。中央党校といえば、習近平国家主席が昨年までトップを務めていた、共産党幹部養成の中枢機関である。そんな重要な案件を民間に依頼するなど、これまででは考えられないことだった。しかし、それほど中国は追いつめられ、切迫した危機感を抱いているのだ。

 「父親とはこういうもんだ」という固定観念に縛られ、甘い顔など見せたら子どもにナメられると思い込んでいる昭和の父たちよ、時代の変化に自らが対応できるのか、あるいはできないのか。そのカウントダウンはすでに始まっている。残された時間は……中国とさほど変わらないのかもしれない。




女性に見てほしいバナー
6月27日(木)、全28タイトルに増えました!
2013年06月28日