年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

もしも来世があるならば……
  今回は「来世があれば」という前提で話を進めてみたい。「そんなのありえない」と思ってる人もいる。僕自身そこに行ってきたわけではないのであくまで仮定の話だけれど、その前提に立てば、今の世の中が少しは変わるんじゃないかとも思うのだ。

 関西の一流ホテルで食材の誤表示がニュースになったかと思えば、日本全国ここでもあそこでもと似たような事実が明るみに出た。誤表示といえば悪意も希薄だが、実際には安い食材を高い食材と謳って利益を出しているわけだから(逆なら文句も出ないだろうけど)、偽装としか言いようがない。

 8年前の2005年、「シャブコン」という言葉が有名になったマンションの耐震構造をはじめ食料品の賞味期限や原材料表記などの偽装が世の中を騒がせた。あれほど大騒ぎになっても、今回の当事者たちは、人のふり見て我がふり直せとは一度も思わなかったのだろうか。所詮は、対岸の火事でしかなかったということか。

 偽装に限らず、バレなきゃいいんだという空気は次第に濃くなっているように思える。人に見つからなければ、警察に捕まらなければ、法に触れなければ……。これじゃあ、正直者がバカを見る世の中になってしまう。かつて「おてんとうさまが見てる」とか「おてんとうさまに申し訳ない」という言葉が存在した。人間の良心さえ、このご時世では、背に腹は代えられないのだろうか。

 さて、来世である。人間、死んだらお終いではない。肉体は滅んでも、生まれ変わって次の世を生きる……と考えてみる。ただし、前世→現世→来世は脈絡なくつながっているのではなく、因果応報、つまり過去の善悪の業(ごう)が現在の幸不幸の果報を生み、現在の業に応じて未来の果報が生じる。

 人の目をあざむいて、生涯それが隠しおおせたとしても、あるいは逃げ切れたとしても、結局は次の世で帳尻を合わされることになる。人を不幸にすれば、たとえ死んだ後でもそれは自分に返ってくるということである。

 以前にも書いたが、僕はうつを患っているとき、毎日襲ってくる重度のダルさや孤独感から「ラクになりたい!」とはずっと願っていたけれど、「死にたい!」と思ったことはついぞなかった。なぜなら、ここで死んでラクになっても、どっちみち来世で、自分が逃げたものと再び向き合うことになるんだからと、つねに感じていたからである。だから、僕にとって死は逃げ道にならなかった。しかし、そのおかげで今もこうして生きている。

 死んだら終わりではなく来世があり、その来世は現世の生き方が影響を与えるという考え方は、犯罪や自殺を思いとどまらせる力にならないだろうか。

 また、生きているといろいろ理不尽な目にも遭う。「なんで自分がこんな目に」と思う日もあるかもしれない。僕もこれまで信頼し、金銭的にも応援してきた人間から、いったんそれが儲かるとなったら手の平を返したように手痛い裏切りを受けたことがある。腹が立つじゃ、とても済まないような状況なのだ。

 けれども、そこでヤケを起こして「目にもの見せてやる!」とならなかったのは、「オレ自身がひょっとしたら前世で同じようなことをしたのかもしれない。それの償(つぐな)いとして、あるいはバランスを取るために、自らがそれを設定してこの世に生まれてきたんじゃないか」と自分を説得したからである。

 いろいろな戦い方がある。だが、たとえどんな戦い方で勝ったとしても、相手をやっつけたという気分に束の間ひたるだけで、失ったものは返ってこない。もしも心の空洞を埋められるとしたら、それは「自分が自分のためにそれを選んだんだ」ということだけではないだろうか。そういう視点が人々に定着していけば、少なくとも生きるのがラクになるだろう。そうして、世の中は変わっていくはずである。




女性に見てほしいバナー

11月29日(金)、全36タイトルに増えました!
2013年11月29日