年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

PLAY
  ひきつづき「得体の知れない彼女」の話である。前回さらっとふれたプロフィールをもう少しくわしく書いておこう。

 婿養子のかたちで、彼女が結婚したのは20年ほど前のこと。夫に多額の借金があることなど、知る由もなかった。結婚後、それが発覚する。夫が婿養子にこだわった本当の理由も見えてきた。借金の取り立てから多少なりとも逃れるべく、名字を変えたかったのだ。

 名前さえ変えられれば、誰でもよかったんだろうか。私は愛があって結婚したつもりだったのに……。だが、彼女の悩みはそれだけではなかった。夫は家庭にお金を入れない。そして、DV。

 それでも16年間我慢したのは、子どもがいたからだ。彼女は水商売で生計を立てた。銀座のお店に勤めていた頃の話を聞くと、お客には政財界の錚々たるメンバーの名があがる。きっと彼女は売れっ子だったのだろう。

 今回じっくり彼女を撮るべく千葉の別荘につれていった。たまたま前の月に2人の女性を同じ場所で撮っていたので、その映像を彼女に見せた。

 ひとりは47歳。20年近く前、流産しかけ母子ともに危険な状態に陥ったとき、実家の親が電話を入れたら夫は別の女と一緒にいたという。「そのときから感情出して怒っても、無駄なものは無駄かなとなっちゃって。それ以降、あんまり感情的に子どもにも怒ったことがないし……」。彼女は「セックスでイクっていうのが何なのか、わからない」と言う。たとえば「男に『舐めて』なんて言ったことないし、そもそも思わない」と。

 もうひとりは42歳で、二十数年前に僕の作品に出て、その後引退したが、数年前にカムバックした。最近は攻め役が多いそうで、「セックスは職業でしかなく、最近は女を捨ててる」ものの、「やっぱどっかで女になりたいなって思ってる部分もあって……」と言う。

 この2人はどちらも離婚していて、子どもがいる。つまり、今回の彼女も含めて3人全員が、40代、バツイチ、子どもあり。そしてセックスに何らかの問題を抱えているのだ

 彼女は2人のインタビューを見ながら「わかる!」と共鳴したり、セックスでつながる姿を見ながら「よかったですね!」と手を叩いたりしていたが、やがてこう言った。「セックスして好きになっちゃうって感情がないかも……私」。

 だから、彼女はセックスで男を支配し、終わりのない責めを続けているのだろう。やはり、それは別れた夫のせいなのか……。だが、口が重い。やっと彼女が語ったのは「恨(うら)むとか、そういうんじゃなくて、呪(のろ)いですよね」だった。「ダンナのことかい?」と訊いたら、「そのあとで、もっとひどい男にも会ったし」と言ったきり、それ以上はどうしても話そうとしない。

 彼女は「ザ・面接」で卓、ウルフ、片山を責めたわけだが、今回の「ようこそ催淫(アブナイ)世界へ」では、森林原人をキャスティングしていた。森林は攻めも受けもできる。ひょっとしたら封印した感情が出てくるかもしれない。

 最初は攻めで森林を向かわせた。「抱きしめて!」という彼女の言葉は印象的だったものの、ついぞ明け渡すには至らなかった。直後、森林はこう語っている。「エッチしていくと、心の快楽、心の濡れがちょっと収まって、体のほうは濡れてるけれども……。心も濡れながらセックスするっていうのは、今のはならなかったかなぁって」。

 次に攻守逆転し、彼女が攻め役になるのだが、これは「ザ・面接」のとき男3人を手玉にとったのと同じかっこうである。すると、どうだろう。表情もイキイキとしており、先ほどとは別人の観さえ漂う。彼女は、自分の心を明け渡さないまま、ワイセツ感を楽しむだけのプレイが好きなのだ。そして作品はと言えば、ここで終わっている。

 つまり、根本的に彼女は何も変わっていない。闇の正体もわからずじまいだ。昔だったら、なんとかして闇の正体を暴き、力ずくでも彼女を変えようとしていたかもしれない。けれども今回僕は、これも時代かなぁ……と思ってしまった。お互い深入りせず、だから裏切られたり傷ついたりすることなく、ラクな関係を続けていくうえでのプレイ。

 今プライベートで、彼女はプレイによって、自分からは何もしないマグロ男たちをせっせとM男に変えている――。





女性に見てほしいバナー

2014年01月24日