年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

近親相姦
  前回からのつづきである。実の父親からの性的な虐待――しかし、本当にあったことなのか、そういう夢を見ただけなのか、はっきりしないと彼女が言う。いつごろのことかと訊くと、たぶん小学校の低学年からだったと。

 呼吸法と年齢退行で、彼女をその時間に戻すことはできる。もし性的な虐待を受けていたのなら、彼女はそれを追体験することになる。つらくないはずはない。ただし、そこを確認しないことには、そこからの解放もない。

 「ザ・面接」の監督面接と現場を通して、彼女は僕を信頼してくれていた。やってみると言う。「あなたは追体験しながら、それをしゃべることができます」という誘導で、いよいよ彼女は“起きていること”を語り出した。

 「洋服を脱がしてきた」。「パンツも脱がしてきた」。彼女の頬を涙が流れ落ちる。「上に跨ってきた。オチンチンが私のお股に……」。「お股でこすって、もうすぐ中に入っちゃう!」。「あったかい」。「イヤなんだけど」。「すごいお父さんの呼吸が荒い」。「オチンチンが中に入ってくる!」。

 トランスから覚めたあとも、彼女は泣いていた。もはや曖昧な夢などではなく、確信に変わったのだ。「最初、すごい怖くて、でもやっぱりなんか感じちゃってる。頭のどっかで、最初はいけないことしてるって、すごい思ったんだけど、だんだん気持ちよくなって……」。多少落ち着きを取り戻してから、彼女はこんなことも言った。「若いんですよぉ」。当時、父親は30代。今の彼女よりも年下なのだ。

 また、別の記憶もよみがえった。ずいぶんあとになってから、母親にこの件を打ち明けたという。「バカなこと言ってんじゃないわよ。そんなこと、あるわけないじゃない。人に言うんじゃないよ」ということで終わったらしい。それ以降、彼女は誰にも話さなくなり、自分の記憶にも鍵をかけた。

 彼女に限らず、性的虐待はなかなか本人が話したがらない。だから発覚しないケースが多いが、僕がこれまで出会った女の子たちのなかには、父親からされていたという子が少なからずいる。義父もいれば、実父も。彼女たちと信頼関係が築けたとき、ぽつりぽつりとそれを語ってくれる。そしてよくよく聞いてみると、どこかで「自分が悪い子だから」と思っていたりするのである。

 当然ながら、子どもに非などあろうはずがない。父親のほうが壊れているのだ。彼らの傾向としては、年齢的に子どもが自己主張しないうちに行為におよぶ。しかも、ほとんどの場合、子どもの反応を見ながら徐々にエスカレートしてゆく。最初は布団に入ってきてちょっとさわるとか、風呂場で洗うふりをしながら指を入れてきたりとか。いずれにせよ、面と向かって抵抗されたら、できないのだろう。

 だが、なぜ彼らは自分の子どもに手を出せるのだろうか。女の子たちから話を聞く機会はあっても、父親に関するデータが僕にはない。なので、推測するしかない。

 アメリカでは性犯罪が多発しているといわれるけれど、性犯罪者たちのなかには人並みはずれて性欲が強い人間がいるそうだ。近親相姦する父親も、性欲が異常に強いのだろうか。だから、娘をやるのか。しかし、それならば女房と励めばいいのだし、仮にそうじゃなくても、ほかに選択肢があるはずだ。

 やはり、彼らは大人になりきれてないのだろう。本能が育っていないのだ。それは本能が成熟すべき時期、つまり幼児期に原因があるように思える。彼らもまた自分の親から虐待(性的とは限らない)や育児放棄などを受けていたのではないだろうか。本能は、生じた「不快」を親の愛情による「快」で中和されることによって成熟していく。

 話を彼女に戻そう。監督面接で催淫CDを聴いてもらったときから、彼女は心に何かを閉じ込めているように見えた。年齢退行から戻ったとき、彼女自身が言っているように、父親から強要されたセックスを何割かは受け入れている。でも、そんなことは人には絶対言えないし、この「言えないこと」「いけないこと」というのが、セックスになると彼女のエネルギーパターンとして無意識の世界で働く。だから、肉体の快感はあっても、心の歓びが起きない。

 であれば、彼女のエネルギーパターンを変えてしまうのが、いちばん早い。セックスとは「言えないこと」「いけないこと」という既成概念を書き換える。そのためには、まず彼女の中に「したい!」という状態を作っておき、その欲情を維持したまま、もう一度“父との時間”へ年齢退行させてゆく。ここで間違えば、彼女の傷をさらに広げてしまう。父親になりきった男優が強引にセックスを迫るのだから、僕にとっても真剣勝負である。

 結果、彼女がどうなったのかは、「ようこそ催淫世界へ19 近親相姦」(9月下旬リリース予定)で確認していただけるとありがたい。


(「週刊代々木忠」は夏休みをいただきます。みなさんに次にお目にかかるのは9月5日(金)になります)





女性に見てほしいバナー

8月7日(木)、全40タイトルに増えました!
2014年08月08日