年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

「呼吸」とセックス
  かつての作品に「サイコ催眠エクスタシー」というシリーズがある。催眠によって女の子をトランス状態へ導き、これまでのセックスでは味わったことのないような快感を体験させる--------簡単に言えば、そういう主旨の作品である。

 最初は「ホントにそんなことができるのだろうか?」と半信半疑だった僕も、現場で女の子の反応を目の当たりにして、想像を上回る効果に驚いていた。とともに「これなら僕にもできるんじゃないか」と思い、催眠について勉強を始めたのである。

 催眠では、ラポール(相手との信頼関係)づくりの後、呼吸によってトランス状態へと誘導してゆく。生まれてから死ぬまで、人は特に意識することもなく呼吸をしているが、催眠においては意識的に深い呼吸をさせることになる。

 僕にも催眠ができるようになったころ、不思議な女の子に出会った。何が不思議かというと、深呼吸ができないのである。深く息を吸い込む、たったそれだけのことが彼女にはできない。「なんでそんなパニックになるの? ゆっくり吸いなよ」と言っても、横隔膜がしゃくってしまうみたいなのだ。

 そこで僕は一計を案じ、吸うのではなく、息を吐くように指示してみた。そのころ僕は毎日のようにスイミングに通っていたが、水泳では吐くことが基本である。吐けば、吸わざるを得ないわけだし。そして、やってみたところ、深く吸えない子も吐くことならできたのである。

 こうして深く吐くことと吸うことができるようになると、再び予期せぬ出来事が起こった。深呼吸を続けていく過程で、泣き叫んだり、この世のものとは思えないような唸り声をあげる子が出始めたのだ。それも一人や二人ではない。

 いったい彼女たちは、呼気とともに何を吐き出しているのだろう?

 退行催眠というのがある。退行催眠では時間を巻き戻し、その人の過去へと遡っていく。人は過去に何らかの理由で心に大きな傷を負うと、本人はさほどではないと思っていても、実際には大きなトラウマになっているということが少なくない。

 年齢退行は、傷になった出来事があらかじめ想定されるケースでは、そこに戻ればいい。そしてその出来事に対する本人の意識を組み替えてあげられれば、トラウマからも自由になれるだろう。

 しかし、防衛規制としてその出来事を忘れたいと思っている場合には、なかなか見つけ出すのが難しく、別の出来事に対する意識を変えても、いっこうに改善されないということが起こり得る。

 話を呼吸に戻すと、退行催眠と違って呼吸は、どの出来事が原因なのかを探す必要もなく、本人が自発的にそのトラウマを吐き出し始めるのである。たとえそれが表の意識からは忘れ去られていたとしても。そして、催眠の指示はまったく与えていないにもかかわらず。

 では、深呼吸をくり返すだけで、なぜそんなことが起きるのだろうか?

 深い呼吸のことを腹式呼吸というのはご存じだと思うが、腹式呼吸は「横隔膜呼吸」とも呼ばれる。肺には肺自体を動かす骨格筋がないので、呼吸は横隔膜をはじめとする各種の筋肉によって行われている。横隔膜は、心臓や肺を含む胸腔と、胃や腸を含む腹腔の、ちょうど境に位置している。胸と腹の間なので、人間の真ん中あたりにあるということだ。

 息を深く吸おうと思えば、横隔膜を押し下げ、そのぶん胸(肺)をふくらませる。逆に吐こうとすれば、押し下げた横隔膜をゆるめて元に戻し、胸(肺)を縮ませる。腹式呼吸というのは、腹に空気が入るわけではなく、横隔膜を押し上げたり元に戻したりする動きに反映して、腹がふくらんだり、へっこんだりするから腹式呼吸なのである。

 ふだんから無意識の浅い呼吸しかしていない子は、横隔膜をほとんど使っていない。僕には、意識的な呼吸をしていないってことは、結局、生かされているだけで、自分で生きていることにはならないんじゃないかと思えるのだった。

 僕の経験から言うと、浅い呼吸しかしていない子は現場でセックスをしても、絵にならない。要するにマグロである。こういう子たちは本能が育っていないか、感情を封じ込めている。

 先ほど横隔膜は胸と腹の間、ちょうど人間の体の真ん中に位置していると書いた。つまり、人間の上半分と下半分を、その名のとおり横に隔てている。思考つまり脳は上にあり、本能である生殖器は下にある。その2つが積極的に活用されない横隔膜によって分断され乖離しているように思えてならない。

 それが深い呼吸によって横隔膜が活性化すると、気が巡るというか、乖離していた思考と本能もつながり始めるのではないかと。そして、トラウマとなって奥底に封印された感情エネルギーも、呼吸によって溶け出すのではないかと思うのである。

 2009年1月16日のブログ「母性のスイッチ」で書いた新田利恵もそうだが、深い呼吸によって泣き叫んだり唸り声をあげた女の子たちは、そこでトラウマを出し切ってしまうと、その後、例外なく現場でいいセックスをしているのである。


画像を拡大表示させる

森君呼吸-smaill.jpg



2009年06月26日