年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

恋愛できない女たち
  きょうリリースされる「ザ・面接 VOL.110」の中で、面接を受ける3人の女の子は、どの子も恋愛に自信をなくしているというか、恋愛ができない子たちだった。

 事前面接でそれを感じた僕は、本番の面接審査に「瞬間恋愛指数」という新たなチェック項目を設けることにした。これまでの「感度」「変態度」「エッチ度」「テクニック度」「パフォーマンス度」というセックス評価に加え、瞬間とはいえ恋愛度にもポイントを置こうと思ったのだ。

 面接軍団の男優たちには「恋愛に対する自信を取り戻させるためにも、オスとして女を奪い合い、彼女たちの恋愛指数を上げよ!」というミッションを与えた。いいセックスを見せるだけではダメで、恋愛感情にも火をつけろという注文を出したわけである。

 さてさて、恋愛できない3人の女の子たちは、「ザ・面接」の現場で、果たしてどのように変化したのだろうか? プロフィールから現場での様子まで、1人ずつ見ていくことにしよう。

 最初にやってきたのは、テーマパークに勤務している篠宮香穂(20歳)。彼女は初体験が15歳。これまでの体験人数が12人。現在は彼が1人。彼とのセックスは週に3回。「彼がいるなら恋愛できているじゃん」と思われる人もいるだろうが、続けて読んでいただきたい。

 彼女のセックスは、1回にだいたい3時間。目隠しをされ、手を縛られて、彼から言葉なぶりを受けている。毎回、Mなのだ。そして彼以外にもセフレが1人いる。彼女いわく「セックスではイケていると思う」。

 事前面接でその話を聞いた僕は、思わず「それはセックスじゃないよ」と言わずにはいられなかった。依存排他であり概念思考に縛られているセックスを見ても、3つ(本能・感情・思考)のオクターヴは全部
「H96」だと思われた。「本当のセックスというのは、目を見つめ合ってお互いの感情が溶け合うというか、目を見ながら相手の感性とつながるんだよ」と僕は彼女に話した。

 撮影現場にて、この篠宮香穂を面接するのは、佐川銀次と鈴木一徹のペア。銀次のほうが先輩だから、最初、強引に彼女を自分のものにしようとする。若い一徹もなんとか食らいつくものの、銀ちゃんに蹴落とされたりして、最後までチャンスがない。

銀ちゃんは篠宮の目をちゃんと見て、彼女の中にある心の窓を探そうとしていた。ところが、入り込んでいこうとはするのだが、彼女は受け入れない。気持ちいいんだけれど、その快感をどう表現していいのかわからない様子だ。戸惑っているのが、こちらにも伝わってくる。

 僕はファインダーをのぞきながら、「気持ちいいかい?」って何度も訊いてみた。でも「気持ちいい」の一言が出てこない。だから、つい声を荒げてしまった僕は、そのとき「なんでこの子はこんなふうになっちゃうんだろう?」とある意味、途方に暮れていた。

 感情がどこかで拗(す)ねているように見える。プライベートでは毎回、目隠しされて縛られて、言葉なぶりを受けているから、彼女にとってのセックスは服従なのだ。服従隷属の関係では、M自らが「気持ちいい」と自由に言える立場にはない。1回のセックスに3時間というのもちょっと異常なら、週3回つまり1日置きにSMをくり返しているのも異常である。

 ちなみに、彼女の出演動機は「ノリで出ている」ということだった。セックスが終わって、審査に入ったとき、審査員の1人がこんなことを言った。「彼女は若い人が好きって言ってたから、最後は若い男優さんのほうが行くと思ってました。だから、ちょっとがっかり」と。それに対して「今の審査員の方のフォローに涙が出そうになりました」とつぶやく。この言葉も直接表現を迂回しているけれど、文脈からは「若い男優さんとしたかった」という意味になる。他者からの指摘がきっかけとなり、彼女は現場でこのとき初めて自分の気持ちを口にしたのではないだろうか。もうすべてが終わったあとではあったけれど。

 若くてイケメンの一徹としたいのなら、銀次と一徹が彼女を奪い合っているときに、ただ一言そう言えばよかったのだ。銀ちゃんに気をつかって言えなかったというふうには見えない。僕から見えるのは、主体性がなく、その場に流されてしまう彼女の姿だった。

 だからビデオに出たのも、プロダクションにスカウトされて、言われるままに来たのだろう。それが彼女の言う「ノリ」ではないかと僕は思った。そしてその後の現場も、ずっとこの「ノリ」の延長線上に成り立っていたのではないかと。

 男2人が争い、体を張って自分を奪い合ってくれているわけだから、本当ならばうれしいはずだ。そうすれば、少しは女の子も自分を取り戻し、自信を持ってくれるんじゃないかなと思い、そういうシチュエーションを設定した。だが篠宮香穂は、残念ながら最後まで変わらなかったのである。

 2人目の山口のぞみ(31歳)はキャバクラ嬢。初体験は19歳のときで、これまでの体験人数が20人くらい。現在、彼はいない。ただし、セフレが2人いるという。

 この子に限らず、今は彼とセフレを使い分けている女の子がとても多いが、このへんが僕にはよくわからない。「彼がいない、けれどセフレが2人」ということは、セックスにおいて感情を出していないということではないだろうか。「キャバクラ嬢という仕事柄、感情の封印傾向が見られる」と僕は事前面接でメモしていた。

 この山口のぞみも、「人のいない青空の下で」とか「3P」とか「鏡に映され、見せつけられて、辱めを受けたい」とか「言葉責め」を期待している。だから僕は、山口にも「目を見て、ちゃんと向き合わなきゃセックスにならないよ」という話を事前にしていた。

 しかし、彼女も現場では、照れもあるのかもしれないが、どうも相手の目が見られない。さらには、男優2人がオチンチンを差し出すと、こっちを取ったりあっちを取ったり、要するにどっちつかずなのである。そんな彼女は、1人目の子と同様に、自分がないように僕には思えた。

 もっとも、山口は最後に何かをつかんだなという感じもあった。セックスが全部終わって、審査員の論評を一通り聞き終えたとき、僕は彼女にけっこう強い口調で言い放った。「恋愛できてないよなぁ。自分、出してないもん。恋愛せえ。恋愛して早く子どもを産めよ。キャバクラで客だましてばっかいないで」と。すると、彼女の目には涙があふれてきた。

 ウソ泣きは別にして、涙が出るというのは心を開いている証(あかし)である。逆に笑いは、実は緊張時における自己防衛のケースが多い。腹の底からのバカ笑いは別だが、撮影現場で女の子たちが笑うのは、ほとんどが本当の自分を隠すためである。山口の場合は、きっとお店でその方法をしっかりと身につけているに違いない。その彼女が泣いた。これは緊張状態が解け、閉じ込めていた感情が少しだけ表に出てきたということだろう。

 3人目の前澤有実(30歳)はOL。初体験は19歳。体験人数は7人。これは3人のなかではいちばん少ない。現在、彼はナシ。セフレもいない。オナニーは週5回くらい。オナニーの際の想像は「監禁されて、縛られて、オモチャでいたぶられて、セックス」だと言う。ビデオに出て何をしたいのかは「Mなので強引にされたい」。

 彼女は一貫して主張はするけれども、やっぱり欲求するだけだ。「もっと、もっと」なのである。僕は現場を見ていて終わったあとに「森くんの疲労だけが残ったな」と思わず口にしていた。「森くん」というのは、前澤にあい対した男優・森林のことである。男優というのは、グーッと向かって行って、相手の返りがないと、すごく疲れる。それを森くんに、僕はとても感じていた。

 これは今回の出演者3人全員に共通している。気持ちよさをどう表現したらいいのか、わからないというのが。現場では、きっと今までにない快感があったはずだ。でも、最後まで自分から意思表示をしない。これでは、恋愛はできないのである。

 ここまで読んでいただいて、「2人目の山口のぞみの最後の変化を除けば、恋愛のできない女の子に自信を取り戻させるという目論みは、ことごとく失敗に終わったんだ」と思われることだろう。

 だが、「ザ・面接」において男優たちと交わるのは、面接にやってくる3人だけではない。実はダークホースとも言える女の子が、審査員のなかにいた。そして、その子とは別に、かつてない衝撃を僕に与えた女の子も......。それは次回お話ししようと思う。



20090821-pict-1.jpg
面接軍団は女たちの恋愛指数を上げられるのか?



2009年08月21日