年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

エニアグラム
  前回はグルジェフの「水素論」とそれにまつわる現場のエピソードを書いた。昨年の暮れ近く、森くんが拙著『生きる哲学としてのセックス』の読書会を開いてくれたが、事前質問では「グルジェフがよくわかない」という声が多かったと聞く。グルジェフの世界でも、とりわけ難解なのが「エニアグラム」ではないだろうか。

 現在、エニアグラムは『9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』をはじめ多くのベストセラーが刊行されているし、世界の大企業が人事面でエニアグラムを活用している。それらの本を読んだり、企業のニュースを見た人のなかには「代々木の言ってるエニアグラムは違うんじゃないか」と思っている人もいるかもしれない。

 元来、エニアグラム(9つの点を持った図形)はスーフィー(イスラム神秘主義教団)に伝えられてきた宇宙法則図で、1913年にグルジェフによって初めてヨーロッパに紹介された。そこから半世紀以上の時を経て、1970年代、ボリビア出身の神秘主義者オスカー・イチャーソが、グルジェフの体系をもとに、9つの性格類型としてのエニアグラムを提唱した。

 イチャーソは9つの点の1つ1つに異なるパーソナリティをあてはめ、すべての人はいずれかに属すると説いた。エニアグラムに関する本のほとんどが、そしていま企業で採用されているのが、イチャーソが提唱したエニアグラムのほうである。

 エニアグラムを9つの性格類型として使えないことはないだろうが、もともと性格類型のためにエニアグラムが存在していたわけではない。とはいえ、イチャーソのエニアグラムはとっつきやすく、わかりやすい。それにひきかえ、グルジェフのエニアグラムは難解だ。

 円周上に等間隔で記された9つの点。そのうちの3つ(3、6、9)を結ぶ正三角形(能動・受動・中和)をグルジェフは創造性だと言う。それ以外の点はオクターヴの法則で、その法則にしたがって創造されたものは生きていくと。オクターヴといえば「ドレミファソラシド」が連想されるが、たとえばピアノの鍵盤は白鍵と黒鍵が下図のように並んでいる。


 「ミ」と「ファ」の間、「シ」と「ド」の間に黒鍵がないのは、他は全音ずつ上がっていくので半音の黒鍵が必要になるが、「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」はもともと半音しか上がっていないので必要ないのだ。なぜオクターブが全音ずつ上がるのではなく、「全全半全全全半」となっているのか僕にはわからないけれど、グルジェフは半音しか上がらない2カ所については他の系から何かを借りてこなければ先に進めないと言う。それが下図である。

 自らに欠損があり、他の系から何かを借りてこなければ……という発想は、宇宙の成り立ちにも関係する。なにか1つのものが他の影響をまったく受けることなく独自で進化するとしたら、共存共栄などできないというわけである。他との関係の中で、換言すれば、全体の中で生きているからこそ、宇宙は存在しているのだと、グルジェフはエニアグラムで伝えようとしている。

 グルジェフは弟子たちに「エニアグラムは体験しなければわからない」と何度も言っている。あるときはホールの床に大きなエニアグラムを描き、1から9まで印のついた場所に弟子たちを立たせ、エニアグラムの循環小数(1÷7=0.142857142857142857…の142857)の順に移動させて、エニアグラムで線が交わる地点で彼らを回転させたという。

 この勤行(エクササイズ)によってエニアグラムを真に理解させようとしたわけだが、考えてみれば、いろいろな宗教が悟りを得るためにさまざまな修行、つまり体験の方法を編み出してきた。以前にも書いたが、仏教学者の鈴木大拙は自著『禅』(工藤澄子訳、ちくま文庫)の中で「問いは知性的に起こされるのであるが、答えは体験的でなくてはならぬ」と言っている。

 セックスも同じである。頭の中をいくら探したところで答えは見つからない。体験するしかないのである。

 読書会を開いてくれた森くんは、体験から「学校では教えてくれない《本当の性教育》~誰も傷つかないための知識~」を動画とガイドブックで発信している。最後にそのガイドブックの目次をご紹介しておこう。若い人に見て読んでもらいたいのと同時に、ぜひ学校でも義務教育課程の性教育教材として使ってもらいたいと思う。

 ◆オトナのはじまり――(体の変化)(性的コンプレックス)
 ◆性教育の「性」とは――(心と体と社会の性)(性的指向)
 ◆生殖――(生理)(性交)(妊娠)
 ◆避妊――(避妊の基本)(コンドーム)(低用量ピルと緊急避妊薬)(中絶)
 ◆性感染症(STD)――(STDの基本)
 ◆なんでセックスするんだろう?――(セックスの意味)
 ◆性のコミュニケーション――(デートDV)(性的同意)(性暴力)
 ◆快感――(オナニー)(イクってどういうこと?)(性癖)
 ◆性のメディア――(AV)(ネットとの付き合い方)
2019年02月15日