年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

アーカイブス095 女の側の心理――そこを男は見落としている
  女がイクかどうかに男はこだわる。女がイケば、男は己に自信を持つ生き物である。そのために精力剤が欠かせなかったり、テクニックを磨いたりする。ヘタなテクニックなど身につけても策士策に溺れるのが関の山で、目合(まぐわい)が大切なのだとさんざん書いてきた。ところが、目合をしてもイカないケースがある。それを今回は紹介しよう。

 いま再編集している「ザ・面接 VOL.122 回春エステとエロ女神 ピアニストも来たんかい」(2011年)から。離婚後1年以上していない美和子(30歳)を面接するのは、一徹とじったの中折れ委員会。美和子はイケメンの一徹を差し置いて、なぜかじったを選ぶ。じったは「初めての女がいい、可愛くても2回目はない」というタイプ。現場で見ていても、自分本位というか、ほとんど女のことを考えてない。だが、やりたさ一心から美和子の中のタンポンまで食べてしまったから、彼女はその一途さを買ったのかもしれない。

 けれども、じったは例のごとく中折れしてしまう。すると美和子は手を上げてチェンジのサイン。順序としては一徹の番だが、まだ勃っていないので銀次が行く。じったは「勃ったら入れさせてくれる?」と未練がましい。銀次は目を見ながら美和子の内面に入ろうとしている。このへん銀次は上手い。彼女もそれに呼応するよう銀次を見ている。そこへ「美和子、勃ったよ!」とじった。審査員たちからは失笑が起こる。まさにつながろうとしているかに見えるセックスの最中、遅きに失した間抜けな言葉だ。

 ところが、ここで美和子はじったを呼ぶのである。している銀次も腑に落ちないだろうが、審査員からも「なんで!?」という声。挿入され突かれながら、じったに「さっきのとどっちが好き?」と問われて「じった!」と叫ぶ美和子。だが、ここでもじったは中折れする。「まだチャンスある?」と性懲りもなく訊くじったに「検討する」と答えた彼女は「切なくなってきた」と漏らす。

 そこで一徹が行くが、あえなくチェンジ。次に、さっきいいところで邪魔された銀次がふたたび行き、渾身のセックスが始まる。「こっちはいつでもOKだよ!」とじったは混ぜっ返すが、その雑音に惑わされぬよう銀次は美和子を自分へと向かせる。じつに官能的なセックスだ。そしてついに銀次はイクが、美和子のほうはと言えばこれがイッていない。意識的にイクことを拒絶しているように僕には見えた。感じていて、受け入れてるんだけど、最後の最後で開いていないというか。

 彼女が本当にイッたのは、その後、じったと奥のソファでしたときである。このときはじったもさすがに中折れはしなかった。さらにそのあと、片山が行くものの、片山はイッても、やはり美和子はイッていない。じったとイケるわけだから、イケない体ではないのだが……。美和子が1人の男に操を立てる女かといえば、途中でチェンジのサインも出すくらいだから、そこまでではないだろう。

 冒頭に「女がイクかどうかに男はこだわる」と書いたが、とりわけ男優は相手をイカせるという宿命を負った男たちだ。イッたふりでもOKな現場ならプレッシャーもさほどではないだろうが、「ザ・面接」ではまさにそこが問われる。

 なぜ美和子はイカなかったのか? その一点に銀次は納得いかなかったはずである。だから、僕が別の審査員のセックスを撮っているとき、美和子に「なぜじっただったの?」と聞きに行っている。彼女はこう答えたそうである。「きょうビデオに初めて出て、初めてセックスする相手と最後までちゃんとしたかった」と。この思いが、中折れするじったに何度もチャンスを与え、他の男優たちを拒みつづけた理由だったのだ。

 女が心の中で何を思っているのかは、はたから見ているだけでは当然ながら知りえないことだ。けれども……。「女の側の心理を見落としたままでは、決してイカないのがセックスですよね」。銀次がぽつりとつぶやいた。


(2015年11月6日掲載)



 かつて多重人格の女性と交流があった頃、彼女たちのために何かできることはないかと考えていた。ある日、彼女の中のまいちゃん(6歳の人格)にそれを伝えたところ、こんな言葉が返ってきた。

 「代々木おじちゃんが、ホカホカでいればいいの」

 彼女の言う「ホカホカ」とは心のありようだが、何かをしてあげるのではなく、僕自身が満たされていれば、それが自然と彼女たちに伝わり、結果として彼女たちのためになる――ということだった。

 今回のエピソードのように、女の側の心理を見落としていてはイカせることなどできないが、さりとて心の内を推し量ろうにも、おのずと限界がある。わからないものは所詮わからない。

 そんなときはイカせようとせず、ただ自分が気持ちよくなることに見栄も衒(てら)いも捨てて没頭すれば、それがそのまま相手に伝わることもある。





2020年10月16日