年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

男同士のつきあい
  東京に出てきて四十数年になるが、故郷の同窓会にはついぞ出席したことがない。九州にいる幼なじみや友人たちとも、今はつきあいがない。もっとも、友人関係が仕事を通して知り合った気の合う人たちとの比重が高くなるのは、僕だけではないだろう。

 彼との出会いも、「サイコ催眠エクスタシー」シリーズに出演してもらったのがきっかけだった。すでに25年前の話だが、それからずっとつきあいは続いている。彼とはジャイアント吉田こと、吉田かずおさんである。

 吉田さんは、彼のまわりの人々からも変わり者で通っている。僕から見ても確かに変わっている。第一に彼は、出世したいとか、一旗あげたいとか、男なら大なり小なり持っていてもおかしくない欲のようなものがない。今の草食系男子ならそれも珍しくないのかもしれないが、僕らの世代で吉田さんのような人は稀有である。

 第二は、とても多趣味で、僕は「催眠」というところで彼と深くつながっていったわけだが、それ以前はテレビの中の人として見ていた。年配の人ならご存じだと思うが、吉田さんはザ・ドリフターズの初期のメンバーであり、その後、ドンキーカルテットに参加したミュージシャンである。しかも、ただ単に音楽を聴かせるだけには飽き足らず、腕はいいのにそのとおり演奏しなかったり、変な楽器を持ち出してきたり、あえて音楽の定型を壊そうとしているかのように僕には映る。

 この傾向は吉田さんの生き方全般に言える。「人生、シャレ」とでも言いたげに、どこか超然として飄々と生きている。これが第三。

 第四に、彼は武術家でもあり、太気拳を創始した澤井健一氏の3番目の弟子だ。太気拳は中国から日本に伝来した武術で、その凄まじさは極真空手にも影響を与えたといわれる。それ以外にも、古い農家を借り、それを2年3年かけ自分ひとりで改造し、忍者屋敷にしてしまったり......。

 僕は吉田さんのことをとても面白い人だなぁと思い、彼の魅力にどんどんハマッていった。彼は、会っていて疲れない人である。僕たちはいつもバカ話しかしない。全部、シャレで通してしまう。「一日500円もあれば生きていける」と彼は言うが、実際おカネにまったく執着がないから、ビジネスの話は話題にのぼらない。

 吉田さんはイタズラが大好きだ。ザ・ドリフターズの長さん(いかりや長介氏)と吉田さんは旧知の間柄だが、昔から長さんをハメてばかりいた。たとえば地方公演の際、長さんがファンの女性のひとりからデートに誘われた。鼻の下がのびる長さん。つい仲間に美女との待ち合わせを自慢してしまう。聞いた吉田さんは、長さんの腕時計をこっそり1時間遅らせた。そればかりか、旅館に掛かっているすべての柱時計も1時間遅らせてしまったというのだ。

 きっとこんなことが日常茶飯事だったのだろう。でも、長さんは子どもがそのまま大人になったような吉田さんを憎めなかった。

 僕は吉田さんとつきあうようになって、彼の同級生をたくさん紹介してもらった。僕は吉田さんより2つ年下なので、紹介された人たちもみんな同世代だ。僕の昔からの仕事仲間も交え、男たちばかりがオフの時間に千葉に集う。

 僕たちは旬の食材と酒を囲んで、言いたいことを言い合い、眠くなれば勝手に寝て、でも途中で目が覚めればまた話の輪に戻ったり、朝は目が覚めたときに起き出し、散歩をしたい者はふらりと出かけたりしながら、気兼ねなく思い思いの時間を過ごす。その時間こそが、今の僕にとってはかけがえのないものになっている。これも吉田さんのおかげである。

 「どうしていつも千葉なのか?」については、次回書くことにしよう。

20100129-yoyogi-pict.jpg
左から吉田さん、僕、長さん(2000年、千葉にて)

2010年01月29日