年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

淫女隊
  今「淫女隊」シリーズの総集編を編集している。前回のブログで、昔の作品において感情表現が豊かな子の代表として淫女隊をあげた。

 当時、オフィスにやってきた女の子を男たちが強引にやってしまうのが「ザ・面接」ならば、「淫女隊」は逆に女たちが責め、男を解放していくシリーズである。「平成淫女隊」「素人淫女隊」「お姉様淫女隊」「人妻淫女隊」など、構成メンバーによっていくつもの淫女隊がいた。

 これまで受動的能動性や、右脳でつながることについて書いてきたが、今回は「淫女隊」のエピソードを紹介しつつ、セックスで起こる共鳴・共感について記してみたい。

 「平成淫女隊」を開始して間もない頃の作品。その冒頭で藤木美菜が言う。「(自分が)受け身も気持ちいいけど、男の人にも女の子みたいに声をあげて気持ちよくなってもらいたいというのがすごくあります」。聞いていた星野なぎさは「両方が気持ちよがってると、受け身だけよりもっと一緒になったってあるじゃないですか」。渡辺美乃は「そういうときって、その人の本質とかが見えてくる……」。

 地方から応募してきた進(30歳)は、こう言っては悪いが、どこにでもいそうな感じの男性である。ベラベラしゃべるタイプではなく、さりとて口下手というわけでもない。ふつうなのだ。ただ、都会の人間とは一風異なる素朴な人間味を感じる。シテナイ歴3カ月。フェラされるのもクンニするのも大好きだという。

 進は3人に愛され何度も責められて、激しさこそないものの悶えヨガり、自分を明け渡した。最後は美菜に手でシゴかれ、「イク!イク!」を連発して、この日最後の射精。淫女隊の3人も体を震わせ、声をあげながら一緒に果てる。放心状態がしばらく続いたあと、美乃が言った。「幸せだなぁっていう感じ。ふわふわしたような温かいものがずっとあったんで不思議だなぁって……」。

 3人とハグして進は帰っていった。「寂しくなっちゃう」と言った美菜の目から涙がこぼれた。プロの男優とは幾度もセックスしてきたが、現場で素人の男性と肌を合わせるのは、美乃となぎさが2度目。そして美菜は初めてだった。

 変わって、正看護師の佐野朋子、ヘルス嬢の塚本寧々、主婦の五十嵐いずみが「素人淫女隊」として迎えたのは、福岡在住で求職中の男性(23歳)だった。彼は感情を表に出すことなく、ヘルス嬢の寧々に念入りなフェラをされても、まったくの無反応だ。勃起はしているけれど。

 次には主婦のいずみが騎上位でセックスをするのだが、彼のほうに変化はない。いずみは夫が海外赴任中でご無沙汰なのもあり、ヤル気まんまんなのだが……。

 この作品では彼に限らず、感情を出さない男たちが続き、淫女隊も落ち込んでしまった。僕は平本一穂に電話を入れ、急遽事務所まで来てもらうことにした。不完全燃焼のいずみが平本とセックスをする。それまでの男たちとは対照的な目合だった。固唾を呑んで見つめる2人の淫女隊。

 セックスが終わったあともカメラを向けていると、さっきフェラをした寧々が「ひどい!」と言って泣き出した。「もう私のことを撮らないで!」と彼女は言いたかったのだ。

 ただ、作品はここで終わらない。その2カ月後、25歳の別の男性と寧々がまみえる。彼はフェラをされて「気持ちいい!」と素直に感じ、ヨガり悶えて寧々の口の中で果てた。すべてが終わって感想を求めると、寧々は「すごい愛しい」と安らいだ笑顔をカメラに向けた。

 もうひとつ、同じ「素人淫女隊」だが、メンバーはOLの橋本理沙、イメクラ嬢の千草えな、生保レディーの本田リカ。

 風俗のセックスしか知らない和男(23歳)を3人で責めたあと、イメクラ嬢のえなが彼に跨り、導くようにして挿入する。その後、上になった和男に、えなは「もっとしたい? 私の目を見て言って!」。「もっとしたい」と和男。「私もしたいよ。ずっとしよう! 音がする? すごく気持ちいいから濡れてるのよ」。2人は情を通わせ合った。

 終わったあと、和男がポツリと言う。「初めて人に愛されたような感じ」。彼の心の真ん中から出てきた言葉だと僕は思った。「なんか私が泣きそうになっちゃう」と、えなが目頭を押さえる。

 あなたが気持ちいいと、私も気持ちいい。あなたが幸せだと、私も幸せ。共鳴・共感は、それまでの孤独を癒し、自分の人生に向き合う力を与えてくれる。


2021年10月08日