年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

多重人格の女性たち(2)
  「飲みなよ」。そう言って、テーブルの上に落としたてのコーヒーを置いた。ハルカは黙ってそのコーヒーを口に運んだ。

 「きょう、
ミナが店長とエッチしてるとき、途中で入れ替わったんだって?」。私を見据えたハルカの体が微妙に揺れた。一見、貧乏ゆすりにも見える。それが返事だった。

 「店長、萎(しぼ)んじゃったらしいね」。気がつくと、私の言葉も挑発的になっていた。返事の代わりにタバコの煙を吐いてよこした。「どんなSEXが好きなのかな......」。
ハルカは黙ってタバコを揉み消した。「これは......監督として訊いてるんだけどなぁ」。しかし、このときの私のしゃべり口調は監督・代々木忠ではなかった。完璧と言っていいほど昔のワルの時代に戻っていた。

 マズイと思ったそのとき、「男をよがらせるのが好きなんだよ」。
ハルカが私に初めて発した言葉だった。「そっかー、男がよがると濡れるんだ」。「......濡れるよ」。こんな調子で会話は始まった。

 上り坂の若いヤクザと話をしているような錯覚に陥る。こいつが男だったら、いいヤクザになれる。もし生き残れたら......。私は思わずそんなことを考えていた。だれの中にも、この攻撃性はある。しかし、私たちにはそれとは対極にある社交性のようなものが働く。そして、その攻撃性を中和してくれる。

 ところが、多重人格の人たちはそうではない。母性、理性、攻撃性、依存性、社交性、天使のごとき子ども、それらが独立した形で出てくる。優等生といわれる子どもたちの中には、きっとこの攻撃性が凝縮された形で内在しているのだろう。怖いなー。顎を心持ち上げ、私を見下ろすような形でガンを飛ばしつづける
ハルカの表情を前にして、そんな感想を持った。

 ツッパリ通す
ハルカを前に、久しぶりに心地よい緊張感が体の中を走る。その後は会話が弾んだ。ハルカは自分の着ている服が気になりだした。ミナが着てきたスーツがダサいと言って苦笑いしたのがおかしかった。

 私が考えているSEX観も話した。
ハルカは黙って聞き入った。これは意外だった。しかし、ハルカは自分のやり方を貫くと意思表示した。私は「それはそれでいい」と言った。「ただし、撮影現場で何が起きても、俺は知らねえよ」と言うと、ハルカは初めて声に出して笑った。

 殿と香奈と店長の関係について、
ハルカの考えを訊いてみた。「そんなの知らないよ」の一言だった。「きょうは来てくれてありがとう」。私は手を差し出した。ハルカは無言のまま握り返してきた。力強い握手だった。ハルカは手を離すと、黙って目を閉じた。

 数分後、
ミナが表に出た。ハルカと私のやりとりの一部始終を、ミナは中から聞いていたらしい。そしてこう言った。「ハルカは監督を少し信頼してもいいと感じたようです」。私は素直に喜びを表現した。

 
サヤカ(仮名)(筆者注:香奈の中の人格。4歳くらい)が監督に会いたがっていると言う。サーちゃんには正直会いたい。終電まであまり時間がないが、少しだけ代わってもらうことにした。

 私は
ミナの横に座って待った。ミナがクマのぬいぐるみと花柄の小さなタオルを抱いて目を閉じる。サーちゃんはすぐに出てきた。「代々木おじちゃん、嵐だったの! 香奈お姉ちゃんが作ったの。サーちゃん、中で大変だったの!」と言ってまとわりついてくる。「サーちゃん、オレンジジュースが飲みたい」と言うので、冷蔵庫を探す。ワンパックだけ残っていた。ホッとする。

 「
ユリちゃん(仮名)(筆者注:香奈の中の人格。7歳くらい。数カ月前から行方不明になっていた。小学生のときのいじめ体験を請け負った人格)が帰ってきたんだよ。ずっと海で遊んでいたんだって。クジラさんやイルカさんのお友達がいーっぱいできたんだって。サーちゃんね、今度つれていってもらうの。ユリちゃんと約束したんだよ。クジラさんの背中で遊ぶの。クジラさんはね、お水をピューッと吹き上げるんだって。サーちゃん、そのお水でお空まで行って、お空でも遊ぶの」。

 
サーちゃんは、ここ2、3日のミナと店長のやりとりを中からしっかり観察していた。「ミナお姉ちゃんね、ずーっと香奈お姉ちゃんの真似してたんだよ。でもね、リョウおじちゃん、すぐにわかったんだよ」。ミナは店長の前では決して肌を見せなかったらしい。「ミナお姉ちゃんね、ジーンズのおズボンはいてー、いっぱいお洋服着てー、汗ボタボタ出してー、お風呂から出てくるんだよ。香奈お姉ちゃんはいつもスッポンポンで出てくるから、すぐわかっちゃうのにね」。サーちゃんはなんでもしゃべってしまう。

 
ミナは当初、香奈を演じていたが、店長はすぐに見抜いた。「ミナお姉ちゃん、お寝んねのときもずーっとおズボンはいてたのに、きょうリョウおじちゃんとセックスしたんだよ......。でもね、せっかくホカホカになりかけてたのに、ハルカお姉ちゃんが代わっちゃったの。リョウおじちゃん、困ってた」。「サーちゃんは全部見てたの?」。「うん。だって、すごーくおかしかったんだもの」。あっけらかんと言ってのける。

 そして、こう付け加えた。「
ミナお姉ちゃんと香奈お姉ちゃんは、顔が違うだけじゃなくて、体とか骨の大きさとかも変わるって、リョウおじちゃん、言ってたよ」。サーちゃんはこんなことも言った。「セックスのときには、女の人は濡れるんだよね?」。「そうだよ、体がね、準備するんだよ」。「香奈お姉ちゃんはベトベトで、ミナお姉ちゃんはサラサラなんだって。リョウおじちゃんが、ミナお姉ちゃんにそう言ってたよ」。

 なんのてらいもなく言ってのける
サヤカの大らかさには参った。この会話は、ミナや香奈が中で聞いているに違いない。サーちゃんは、私の胸に顔をうずめ、目を閉じた。

 数分後、
ミナは私の胸で目をあけた。彼女は大いにあせった。私はすぐに体を離し、自分のソファに戻った。ミナはうつむいたまま、私の顔を見ることができないでいる。その恥じらいの表情はとても色っぽかった。やはり今のサーちゃんのおしゃべりを中で聞いていたらしい。

 12時少し前、
ミナは帰っていった。




 「多重人格の女性たち」という題をつけたが、2回に分けて掲載した記録は、井上香奈(仮名)という当時22歳の1人の女性に関するもので、しかも時間にすれば約4時間の出来事である。

 会話の部分も含めると、この中に登場している人格は、年齢の低い順に、
サヤカ(4歳くらい)、ユリ(7歳くらい)、ミナ(21歳)、香奈(基本人格)、ハルカ(20代としかわからない)の5人。わかっているだけで、当時、別に2人の人格がいた。

 前回のブログでも書いたが、僕はかつて20人を超える多重人格の女性たちと交流を持っていた。各々の女性の中には少ない人でも3人、多い人では十数人の人格が存在していた。

 僕が会った女性たちに関
2010年08月13日