年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

閉じる

アテナ映像

週刊代々木忠

理想社会と面接軍団?
 

 面接軍団の市原隊長と藩金蓮さんがやっている「ザ・面接BLOG」や関連の Twitter を読んでいると、これほどまでに一徹は女性ファンが多いのかと驚く。「ザ・面接」のこの回とこの回は一徹がタンポンを食べさせられているという情報まで書き込まれている。女性ファンとしては、一徹のタンポン食いなど見たくはないからだろう。

 このタンポン食いにしても、肛門様のドリル舐めにしても、いちおう断っておくけど、監督である僕が考え出したことではない。自然発生的に男優たちが見せ場を作ろうとして始め、あげく自分たちが墓穴を掘ってしまっている。タンポン食いはたまたま生理の女性にあたったアニキこと平本が始めたものだが、今は面接軍団の新入りへの洗礼というか通過儀礼になっている。


1.jpg
食ってこそ面接軍団


 むかしの村社会には、いろいろな通過儀礼が存在していた。それを経験して初めて一人前と認められるような。そういうものは僕の中にも懐かしさとして残っているけれど、きっと面接軍団の中にもあるのだろう。「ザ・面接」の初期はレイプっぽい行為から女を暴いていくのが作風だったが、それは徐々に変化してゆく。でも、男優たちはレギュラーメンバーなので、いつしか村社会的なコミュニティーというか共同体ができあがった


IMG_7718.jpg
肛門様のドリル舐め


 共同体ができれば、その中からみんなを束ねる人間も出てくる。また、中にはどうにもならない者がいたりもするが、でもそんな人間にもちゃんと居場所があるのが、村社会のいいところなのだ。たとえば、アダルトビデオにおいて男優の中折れなどは、本来なら絶対に見せたくない場面である。しかし「ザ・面接」では排除するどころか、"中折れ委員会"まで誕生し、逆にそれが見せ場をつくっている。


3.jpg
中折れ委員会の会員(左)と委員長(右)


 僕も「ザ・面接」でなければ、中折れする男優を使いつづけたりはしないだろう。「女の殻を打ち砕け!」というミッションでは、とてもじゃないが信頼して任せられない。女の中に入っていって、開いて、もっと入っていくというのができないわけだから。


3.jpg
中折れ委員会も隅のソファではなぜか元気!?


 中折れに限らず、「ザ・面接」においては何かヘマをしでかすと、他のメンバーからコケにされたり、ど突かれたりするんだけれど、でも、やられているほうも、案外心地よかったりする。なぜなら、完全に切り捨てられるわけではないから。他人事としてシカトされるのに比べたら、どれほど救いであることか。



5.jpg
敗者へのドリル舐め。どのくらい凄いかというと...



6.jpg


...しばらく動けないくらい


 そればかりか、ドジやヘマは上手くやり遂げた他のメンバーを活かし、際立たせることに一役も二役もかっている。失態は隊長にしても、実は絶好のツッコミどころであり、おいしい存在なのだ。

 このように、ジャイアンツじゃないけど、強打者ばかりを揃えたのでは、面接軍団は成り立たない。きっと118回もシリーズが続いてはいなかっただろう。いろんな個性があり、イケメンもいれば、肛門様もいる、信頼にあつい一人前もいれば、まだまだ成長の余地がある未熟者もいる。でも、そもそも社会ってそういうものではないのか?

 にもかかわらず、現実の社会はといえば、いま優秀な者だけが生き残り、それ以外は淘汰されてしまう。企業なり集団が要求する条件を満たす者だけが選ばれ、そうじゃない者は弾かれていくのだ。ひとつの基準に合わなければ居場所もないような世界が住みやすいはずはないだろう。

 だから、住みやすい社会の構築にあたっては、ぜひ面接軍団を参考にしていただきたい! 冗談です、半分は。

2010年11月26日